小倉百人一首 歌碑巡り
時雨殿のご紹介
 

 
 
 小倉百人一首殿堂「時雨殿」は、名勝嵐山を望む渡月橋上流、保津川左岸沿いにあるミュージアムです。藤原定家が百人一首を撰集した小倉山荘の別称「時雨亭」にちなんで命名されました。

 1階は、百人一首の多様な世界を、かるたなどの実物の資料や歌仙人形、ジオラマなどで表現。
「見て」「感じ」「学ぶ」百人一首ミュージアムです。
 また、近隣社寺の宝物展などを企画展示スペースで開催します。
 また、2階の120畳の大広間ではセミナーやワークショップを開催。平安時代の調度品が再現されたコーナーでは、時代衣装を着て記念撮影ができます。

 保津川に面した廊下からは、嵐山と保津川の景色をパノラマでお楽しみいただけます。

>時雨殿へのアクセス

 
  ≫Topへ戻る

NiCT 独立行政法人 情報通信研究機構