小倉百人一首 歌碑巡り
独立行政法人情報通信研究機構とは?
 
 情報通信研究機構(NICT:National Institute of Information and Communications Technology)は、来るべきユビキタスネット社会を支える情報通信技術の研究開発を、基礎から応用まで一貫した統合的な視点で行い、併せて情報通信分野の事業支援等を総合的に行う独立行政法人です。

 私たちは、平成18年4月より、新しい5か年の中期計画期間をスタートしました。この大きな節目を迎えるに当たり、これまで取り組んできた研究開発内容を、「新世代ネットワーク構築技術」、「ユニバーサルコミュニケーション基盤技術」、「安心・安全のためのICT」の3つの研究領域に集約するとともに、これらの研究開発を推進する研究組織についても大幅な見直しを行いました。

 情報通信技術(lCT)は、全ての産業活動を支える基盤となる技術分野です。私たちは、ユニバーサルコミュニケーションという概念を掲げ、世界中の人達相互間で自由にコミュニケーションができるようにするとともに、人と機械、機械相互間においても自由にやりとりができる理想の社会の実現を目指して努力しております。

 私たちの研究開発成果は国際的な標準化や産業界への技術移転につないでゆきます。また、技術の実用化に向けた産学結集型研究開発や、大学・企業等への研究委託、技術の事業化を加速するためのベンチャー支援やインフラの高度化支援など、幅広い活動も行っております。

 このように、NICTは、情報通信分野における国の唯一の研究機関として、国の情報通信政策を技術的側面から支えるとともに、大学や産業界、さらには海外の研究機関と密接に連携し、また研究成果の社会への普及に積極的に取り組むことにより、活力ある社会、豊かな生活の実現に向けて努力していきます。


 
  ≫Topへ戻る

NiCT 独立行政法人 情報通信研究機構